ブランド家具は買取店で売るのがおすすめ

不要になったけれど、まだ使えそうなブランド家具。粗大ゴミとして処分するのは勿体ないと感じて、売ってお小遣いにしたい!と考えている人もいるでしょう。しかし、フリマアプリやネットオークション、買取店など、どこで売ればいいのか迷うことはありませんか?フリマアプリやネットオークションは、スマホを使って簡単に個人同士が売買の取引きができるツールです。直接モノを売ることができるため、高値で売れる場合もあります。

しかし、個人同士の取引きでは支払いや物品のトラブルがあったり、出品から発送までの手間や時間もかかります。そういった個人同士のトラブルが面倒と感じたり、素早く売りたいと考えているなら買取店でブランド家具を売却するのがおすすめです。買取店では、スタッフが買取の手続きをすすめてくれますし、お店へ直接売りに行けばその日に買取が成立するため、現金化までの道のりが早いです。

ブランド家具の売却時には身分証明書を忘れずに!

ブランド家具の売却の際に、売りたい家具だけを持ち込みしてお店へ売りにいっても、買取時には「身分証明書」の提示が必要になるため、それを所持していないと買取は成立しません。なぜかというと、古物営業法という法律の決まりごとにより、買取時には身分証明書の提示が義務付けられているからです。売った商品のなかに盗品や不正品が紛れ込んでいた場合に、それらの商品が流通しないように警察に協力するための目的があります。 身分証明書は、運転免許証や保険証、パスポートや住民票など、現住所で有効期限内の物に限ります。身分証明書がないと買取を断られるため、また家に取りに帰ったりと二度手間になってしまいます。そのようなことにならないためにも、買取を利用する前に身分証明書の用意をしておくとよいでしょう。