売るブランド家具の商品を掃除して買取額UP!

使わなくなったダイニングセットや食器棚、ソファなどのブランド家具の数々。売って処分するときには、買取店に訪れる前に掃除をして、商品の状態をよくしておくことが大切です。汚れやホコリが目立つような状態であれば、査定時に悪い印象を与えてしまうため、査定金額が下がってしまいます。お手入れするときは、家具の品目や素材に合わせて適正な方法で掃除します。家具を傷めないように、できる範囲のお手入れを心がけましょう。

ブランド家具に革製品の素材が使用されているなら、汚れがあれば専用の洗剤を使って柔らかい布で汚れを落とします。木製品の汚れは水拭きで拭き取り、そのあとは充分に乾かしておきます。埃が目立ちやすいガラス製品は、普段から柔らかい布でこまめに乾拭きしておくことでキレイな状態を保てます。食器棚や収納棚は、棚の中に埃やチリが入っていることもあるので、掃除機で吸い取るなどして、清潔な状態にしておきましょう。

ブランド家具の付属品は一緒に売るべき?

ブランド家具を売りに出すときに、付属品は揃えて売ったほうがいいのかと悩むことはありませんか?ブランド家具の付属品とは、部品が消耗したときに使用する替え部品や取り扱い説明書、保証書などが付属品になります。組み立て式のブランド家具であれば、六角や予備のネジ、パーツ類も付いていますが、それも付属品にあたります。こういった付属品を揃えてブランド家具を売りに出したほうが、買取金額がアップすることは多いです。家具を購入したときと近い状態にしておくことを意識するとよいでしょう。 こういった付属品は、保管場所を忘れてしまうことも多いため、探すのが面倒で揃えずに売ってしまおうと考えるかもしれません。しかし、付属品にも価値があって買取金額にも影響するので、あるなら探して準備しておきましょう。